再び輝きを取り戻せるか? 
脅威の樹勢回復剤 ピキャット・リバイバルが遂に登場!

前代未聞の樹勢回復技術を研究開発しました!

ピーキャット流は有機栽培!
この有機のチカラで植物治療を行うにはどうすれば良いのか?
(農薬は殺菌殺虫であり、治療などはしません)

長年研究した結果、
有機だからこそ可能なリバイバル技術を発見することができました!

リバイバルとは復活・再興の意味です。
活性を失った樹木などに、再び輝きを取り戻していくリバイバル技術!

ピーキャット流のオリジナル技術です。

有機のチカラでアプローチ!(有機による樹勢回復)

土、有用菌、栄養量とバランス、植物体内の物質…
この4つに有機のチカラでアプローチすることにより、樹勢回復を狙っていきます。

バラなどの樹木は沈黙したり、老化が早まったりしがち…
しかし、何かのきっかけで急に動き出すことがあります。

「何がどうなることで動き出すのか?」

これを分析した結果、土・有用菌・栄養量とバランス・植物体内の物質に変化がありました。
その変化をさせれば、沈黙や老化から解き放たれることになります。

ただし、あくまで有機の世界での話です。
有機栽培でなければ効果は得にくいので、どうぞピーキャット流を参考にしてください。

生育不良や急激な老化からの復活!(メリット)

有機のチカラで土、有用菌、栄養、植物にアプローチし続けていきます。
有機のチカラですから、無理矢理でも無茶でもありません。
動けるようになるまで、変化を促進していくやり方をしていきます。

10日に1度、ピキャット・リバイバルを1000倍希釈で土壌潅水してください。

新芽が吹き、葉っぱが展開すればピキャット・アミノに変えていきましょう。

日照不足に効果テキメン!(メリット)

日光を好む植物にとって、日照不足による光合成不足は大きなリスク…

実は、日照不足は光合成不足だけではなく、土壌の栄養バランスや有用菌にも大きなリスクをもたらします。

このリスクにしっかり対処できるのが、ピキャット・リバイバル

悪天候が続く不作時、日当たりの悪い場所での植物栽培に威力を発揮します。

メタボ体質の改善に!(メリット)

肥料過多(窒素過多やリン酸過多)で育ててしまうと、植物体内には硝酸イオンが蓄積されてしまいます。
この硝酸イオンの過剰な蓄積は、植物の体質弱化、病害虫の抵抗性弱化、大きな品質低下に繋がっていきます。

この過剰に溜め込まれた硝酸イオンの消費を促していくのがピキャット・リバイバル

生長が停滞してしまう大きな要因の肥料過多、肥料過多による急激な老化を抑える効果があります。

急激な体調不良に!(メリット)

水涸れや病害虫の蔓延など、極度の生育不良を起こしてしまう場合があります。

その場合はまずは植物のケアが大事ですが…

施肥をすべて止め、ピキャットリバイバルのみ7日に1度、1000倍希釈で土壌潅水してください。

生育不良により失ってしまう、土、有用菌、栄養、植物の物質を補給していきます。
そうすることで立ち直りが早くなり、次に向けての生長がスムーズになります。

生育不良によるダメージが止まったら、通常時に戻していきましょう。

元気なときは与えない!(デメリット)

植物が元気なときは植物自体が作り出している物質です。
ですから、元気なのに与えると過多状態となります。

光合成を弱めてしまったり、植物の成長力を弱めてしまいますので、元気なときはあまり与えないようにしていきます。
そうすることで、いざというときに効果で絶大になりますね!

有機栽培でなければ効果は得にくくなります(デメリット)

有機のチカラで土、有用菌、栄養、植物にアプローチし続けていきます。

有機栽培の場面で効力を発揮するために考えられたのがピキャット・リバイバル

是非とも、ピーキャット流栽培方法の中でお使いください。

こんな場合に使おう!

リバイバル技術は、以下の場面などで活かしていけます。

■ウンともスンとも言わなくなった樹木の復活
■急激に老化してしまった樹木(自然の寿命では回復できません)
■黒点病やベト病などでの急激な落葉後のケア
■根の食害、根腐れや根焼け後のケア
■幼苗の樹勢促進
■光合成不足による生育不良

あくまで有機のチカラでのアプローチです。
栽培方法に問題がある場合、土壌や環境に問題がある場合は効果は得られません。