ぼかし肥料ピーキャットの栽培技術をすべて網羅した新しい肥料体系!
活性有機ぼかしPSPぼかし2種類のぼかし肥料を基本肥料とすることで、安定かつレベルの高い有機栽培を実現させます。

ぼかしに求めるのは効き目ではない!安定性である!

ぼかし肥料

有機栽培は土壌・微生物・植物体内の安定性が強く求められます。
今までの肥料は効き目のみ追求されてきましたが、それが有機栽培では仇となることが多く見受けられます。
ピーキャットがご用意したぼかし肥料2種類は、有機栽培では欠かすことのできない安定性重視のぼかし肥料です。
物質バランス、微生物バランスを壊しにくく、常に安定して効果を出せる仕様に仕上げましたので、どうぞご活用ください。

安定性重視だから土壌が壊れにくい!病害虫が寄りつきにくい

病害虫が寄りつきにくい

「土が痩せる」というのは土壌の物質バランスが悪化することです。
ECの異常値やpH異常値は土が壊れたことになりますが、これも効き目だけを追いかけてしまった施肥で起こることです。
また、効き目だけを追いかけると植物自体の病害虫抵抗力を衰えさせるばかりではなく、亜硝酸ガスやアンモニアガスの発生で病害虫を呼び寄せることにもなります。

当店のぼかし肥料は安定性重視のぼかし肥料としておりますので、土壌を壊しにくく、病害虫を呼び寄せにくくなっています。

ピキャット・リバイバルとの併用で安定した有機土壌を維持!

リバイバル

栽培において、どうしても壊れやすいのが有機土壌…
限られた土量で肥料を使う栽培では、どうしても有機土壌のバランス維持が難しくなります。
バランスが崩れると有機のチカラを発揮できず、土壌が痩せてしまったり、生育不良に陥ったり、病害虫蔓延の元にもなってしまいます。
この有機土壌維持をカンタンに実現させるのがピキャット・リバイバルです。
ぜひ、当店のぼかし肥料と併用してご使用ください。

それぞれのぼかし肥料の特徴

活性有機ぼかし(施肥コントロール用)

活性有機ぼかし

こちらのぼかし肥料は施肥コントロール専用のぼかし肥料です。
花や実の品質に対し限りなく高みを目指すための基本肥料となっております。

すでに農業においては高い信頼を得ている肥料ですが、バラ栽培であれば上級者・プロ仕様となります。

■ バラであれば究極の美しさと香りを追求したい(ハイブリッドティなど)
■ イチゴやトマトなどは究極の旨味を引き出したい

こちらのぼかしの施肥コントロールの流れとしては、
(1)基本肥料として最小限の量を施肥します
(2)栄養生長期(枝葉を伸ばす)には、ピキャット・アミノ(窒素)を効かせます
(3)生殖生長期(開花期や結実時、実の成長期)にピキャット・ありん(リン酸)を効かせます

施肥コントロールされない方はPSPぼかしをお選びください。

PSPぼかし(施肥コントロール不要)

活性有機ぼかし

こちらのぼかし肥料は施肥コントロール不要のぼかし肥料です。
有機栽培において、施肥コントロールせずにどこまでレベルを上げることができるかをチャレンジした逸品!
さすがに施肥コントロールにはかないませんが、それでもかなり高いレベルまで引き上げることができます。
こちらはピーキャットオリジナルのぼかし肥料で、初心者~中級者までをしっかりカバーしていきます。

■ バラであれば原種やオールド、つる性バラなどに最適
■ 施肥コントロールせずに高いレベルで栽培したい方

こちらのぼかしでも施肥コントロールはできますが、ピキャット・アミノ(窒素液肥)
のみ補助的にお使いいただくこととなります。

ピーキャットスタッフのワンポイントアドバイス

うりゃねこ
うりゃねこ有機栽培では施肥コントロールに勝るモノなし!ですが…
逆に言えば、高みを目指すというのは失敗も有り得るということでもあります。
究極の活性有機か安定のPSPか…
PSPは初心者~中級者ガーデナーをカバーすること、簡単に育てたい品種はカンタンにできることなどをコンセプトに私が研究開発したぼかし肥料です。
ここでしか買えませんよ!

てんちょー
てんちょーバラの場合は品種で使い分けるといいですね!
ハイブリッドやフロリバンダ系は活性有機で施肥コントロール、オールドや生育力の強いつる性などはPSPでカンタンに育てていくなどできます。
病害虫が出やすい品種は活性有機、出にくい品種はPSPという選択もありますね。
十把一絡げの栽培からはさようならしましょう!

まるちゃん
まるちゃん初心者のうちは、あまり違いには気づかないかもしれません。
ですが、栽培スキルが上がれば上がるほど違いが明確にわかってくるようになります。まずはPSP、そして活性有機へと移行させると有機栽培がとても理解しやすくなるかもしれませんね。
PSPは今までのぼかし肥料の欠点をカバーした安定力の強いぼかし肥料ですから、これで充分とも思えるはずです。

ぼかし肥料ラインナップ

活性有機ぼかし(施肥コントロール向き肥料)

キレが良い!という上級者・プロも納得の施肥コントロール向きぼかし肥料! 肥料品質の高さと肥料濃度に頼らない栄養供給を実現します!

PSPぼかし(リン酸強化肥料)

施肥コントロール不要のぼかし肥料!PSPぼかしはリン酸を強化していますので、基本的に施肥コントロールはせずに高いレベルでの栽培を行っていくことを目的にしているぼかし肥料です。