ミックス堆肥

MIX堆肥はすべての栽培で使用できる!

有機栽培では欠かせない土作り…
その土作りを簡単にしたピーキャット流栽培方法に欠かせないのが、このMIX堆肥!
植物性堆肥と動物性堆肥をバランス良く配合し、土作りはこれだけですべてまかなえるとても簡単で扱いやすいものになっています。

また、配合する堆肥をすべて見直し、保肥力と有用菌の増殖にチカラを入れました。

土のパワーをコントロールする!

土に対して、MIX堆肥の配合量を変えるだけで土のパワーコントロールができます。

たとえば、バラの場合…
■栄養をあまり必要としない原種系は、土に対して1~2割を配合
■オールドローズなどは、土に対して2~3割を配合
■ハイブリッドティや大きくなるつる性バラは、土に対して3~4割を配合

(堆肥の配合量を変えることで、有用菌の存在量を増減します)

地植え、畑の土のメンテナンスに!

「土を年々良くしていく!」
有機栽培のピーキャット流栽培方法では、無理や無茶の無い土作りを目指していきます。

土に3~5cmほどMIX堆肥を敷き詰め、土と軽く混ぜ合わせるだけの土作り!
これだけで土は良くなっていきます。

有機栽培における使い方

鉢植えの場合、植物に合わせて基本用土に対して1~4割混ぜるだけ!
これだけで有機栽培にピッタリな土作りができます。
他のモノは混ぜる必要はありません。

地植えや畑、花壇の場合は、一気に土を良くしていく必要はありません。
(栄養は肥料の追肥でおこなえます)
土のメンテナンスは年1回、土全体に3~5cmほどMIX堆肥を敷いて土と軽く混ぜ合わせてください。

作付け時は、鉢植えと同じように植え込み穴に対してMIX堆肥を混ぜてください。

うりゃねこ解説

うりゃねこのワンポイントアドバイス
土はシンプルイズベスト!
栄養全般は施肥(追肥)、キトサンやゼオライトなどの土に混ぜたくなるモノも肥料に含まれています。
有機栽培は「後入れ」で考えていってください。

いきなり作物に見合った土を作ろうとすると、土を壊してしまう大きな要因となります。
「土は年々良くしていく」を決して忘れないでくださいね。

当店では販売しておりません

当店は培養土や堆肥の販売はおこなっておりません。
(販売数に対して、まったく対応できておりませんので…)

お手数ですが、こちらでお買い求めください。

ミックス堆肥