葉面散布でも土壌灌水でも使用できるミネラル補給剤です

軽視されがちな微量要素ですが、この微量要素は栽培を大きく左右します。
特に欠乏してしまったときは「意味不明の生育不良」に陥ってしまう事が多いのでミネラルは常用として補給していきましょう。
土壌灌水での使用に加え、現在では吸収効率の良い葉面散布での安定補給が主流になっています。
気づいたときには時すでに遅し!が微量要素の欠乏症です。しっかり補給していきましょう。

ミネラルの役割

・光合成を促進します(成長促進)
・植物の免疫力を高めます(免疫力強化)
・欠乏症を未然に防ぎます(欠乏症防止)
これがミネラル補給の狙いです。

ピキャット・ミネラルの特徴

原料は、海藻、鉱物、そして動物製アミノ酸が2%含有してあります。
天然資源のみ使用しています。
・イオウ、鉄、アルミニウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、チタン、インジウム、マンガン…など、60種以上の微量要素(ミネラル)
・ジベレリン、サイトカイニン、オーキシンなどの植物成長ホルモン
・動物性アミノ酸2%

使い方

・1,000倍希釈で葉面散布、もしくは土壌へ灌水する 
 葉面散布時は、動噴でタップリ葉面散布してください。
 土壌灌水時は、土が乾いている場合、水やり後に与えてください。
・10日に1度、常用する

使用上の注意

・ピキャットクリアとは混合できません(ピキャットクリアの失活)
・アルカリ性農薬、石灰硫黄合剤とは混合しない
・他の溶液と混合して使う場合、先に1000倍のピキャットミネラル液を作った後に他の溶液を混合するようにする
・使用前に良く振ってから使用する
・幼児が飲んだりしないよう、手の届かない所に保管する
・皮膚や目に直接かかった場合は、石けんで洗浄し、十分洗い流す
・本品の保管は、冷暗所に保管する

オススメポイント!

葉面散布で使う場合は、ピキャット・Caと混合して使えます。
カルシウムはアミノ酸と同時に使うと効果が上がりますので、この組み合わせの混合はとても重宝します。
ただし、ピキャットミネラルを1000倍希釈で作ってからピキャットカルシウムを入れてください。

商品一覧