甘彩六花は糖+リン酸のW効果で品質向上へ!

■実の色つや、着色、糖度Upに絶大な効果
■エグみの原因となる硝酸態窒素を消費させる
■天候不良時の不作に強い

甘彩六花の特徴

糖&リン酸により、植物の消費パワーを向上させていきます。

窒素過多で植物体内に硝酸イオンが溜まってしまうと、これがエグみや病害虫蔓延となってしまい、品質低下や農薬乱用に繋がってしまいます。
植物の消費パワーを上げることで体内に溜まってしまった硝酸イオンをアミノ酸として消費していきます。

結果として、実物野菜や果樹、花卉は色つや、着色、糖度Upに繋がっていきます。

ただし、実物野菜や果樹、花卉の場合は栄養成長時には控えていきます。
天候不順の場合は効果絶大となりますが、光合成が強くできているときは徒長などの原因になる場合があります。
開花期以降、着果期や肥大期に使っていきます。
収量Upを狙う場合は花芽分化期に与え、一極集中の場合は開花期以降に与えていきます。

使い方

(1)果実/果菜 花芽分化期、開花期、着果期、肥大期に、7日~10日おきに500倍希釈で葉面散布して下さい。

(2)葉菜/根菜 定植後、収穫までに3~4回、500倍希釈で葉面散布して下さい。

オススメポイント!

「実の色つやが足りない」、「もっと着色させたい」、「天候不順で不作が心配」など…
とても頼りになる液肥です。
是非とも常備しておくことをオススメします。

含有成分

肥料登録番号 生第101558号
P-1.6% K-0.3%

使用上の注意

●皮膚や目に直接かかった場合は、石けんで洗浄し、十分洗い流してください。
●本品の保管は、冷暗所に保管してください。
●本剤は発酵処理を行っているため沈殿物がありますが、効果・商品の品質には問題ございません。お手数ですが沈殿物は除去してお使いください。
●単剤での使用をおすすめします。アルカリ剤の農薬とは混用しないでください。
●石炭硫黄合剤と混合すると、有毒ガスが発生する恐れがあり危険です。混用は行わないでください。

商品一覧