キレが良い!という上級者・プロ向けのぼかし肥料

上級者・プロが求める肥料品質の高さと肥料濃度に頼らない栄養供給!
これを実現するのが活性有機ぼかしです。

肥料濃度に頼らないとは?

肥料というのは肥料濃度で肥効が変わります。
濃くなれば当然ながら効きは強くなり、薄ければ効きは弱くなります。

しかし、有機栽培、オーガニックの世界では一概にはそうなりません。
いくら肥料濃度が高くても、自然のサイクルの中で効率よく植物に摂取させる仕組みがしっかりしていないと逆に肥効は落ちてしまいます。
また、肥効は落ちているのに土壌は肥料過多で壊れてしまうことにもなりかねません。

肥料濃度を高くするのではなく、オーガニックの世界で肥効を上げていけるのがこのぼかし肥料!
活性有機ぼかしです。

上級者・プロ向けの理由

オーガニックの世界を築けなければ、肥料濃度に頼らないこのぼかしは肥効が上がりません。
また、このぼかしに含有されている有用菌はとても豊富です。
有用菌がとても豊富ということは、菌がとても繁殖しやすいということです。
菌が繁殖しやすいのですから、保管時はカビの発生ももの凄いことになります。

「資材の保管方法」を参考にしていただき、カビを生やさない管理ができる方のご使用をオススメします。

有機活性ぼかしのメリット

オーガニック土壌(発酵合成形土壌)にまさにピッタリなぼかし肥料です。
含有されている有用菌が豊富で、使用時にはすぐに活性化していきます。

肥料濃度で効かせずオーガニックの世界で効率的に効かせていくので肥料過多にはとてもなりにくくなっています。
よって、土を壊さずに安定した土壌を長く保つことができます。

他の肥料と比較してアミノ酸の形で吸収利用される割合が高いぼかし肥料ですから、メタボ体質になりにくく、また低温時にも肥効の落ちを感じにくくなっています。

ダラダラと肥効を曖昧に伸ばさない施肥コントロールに最適なぼかし肥料!
初期生育、シーズン終盤でも使いやすくなっています。

有機活性ぼかしのデメリット

とにかく、保管時にカビが生えます。
「カビが生えやすくしている→有用菌を豊富に存在させている」
あくまでプロ仕様であることを頭に入れておいてください。

また、施肥コントロールに最適ということは、失敗にも敏感ということです。
施肥したのに肥効を感じられないということは起こりえます。

成分表など

窒素4%、燐酸5%、加里4%

使いやすいペレット状になっています。
ただし、熱を加えていないので水を与えると膨れてほぐれてきます。

うりゃねこ解説

うりゃねこのワンポイントアドバイス
有機の世界意識し、創り出せるとても優れた肥料です。
ダラダラ効かせないぼかし肥料は希少で、その使い勝手は格別!
施肥コントロールする上で肝心な肥料過多対策が打ちやすく、効率的に効かせていけます。

ただし、肥効は弱めなのでなにげに施肥しても効かせられない場合があります。
肥料過多にはなりにくいメリットの裏にあるデメリットですね。