芽接ぎ作業を写真で解説していきます。

適期

ノイバラの根元に芽を差し入れるのが芽接ぎです。
畑に植えた台木用ノイバラの枝がある程度の太さに育つ9月頃から、11月頃まで。
霜が降りるようになったらできません。

作業の流れ

ノイバラの根元を、土など落として綺麗にし、平らな部分にT字の切れ込みを入れます。

樹皮を剥きます。

差し込む芽を用意します。
薄く削ぐように芽を取ります。

取った芽の裏側の薄皮を取り除きます。

素早く芽を差し入れます。

入ったら、余分な部分を切り落とします。

テープでしっかり固定します。
テープはニューメデールを使用しています。

これで、休眠期まで管理し、冬にポット上げします。

5月初め頃の様子。
苗の出来上がりです。

※記事名が無い場合は一旦一覧ページへ戻ってください。