ピキャット・リバイバルは有機栽培の救世主となる!

いや、救世主というのは変ですね。
でも、バラに限らずあらゆる植物の有機栽培には絶大な効果を出せるモノに仕上がりました。

このリバイバルですが、実はこういう商品が誕生するなど私自身ぜんぜん考えていませんでした。
バラ栽培の研究で偶然的に発見され、そして誕生したって感じですね。

それがトマトやイチゴでも効果絶大なんですから、もしかしたらすごいモノが出来上がったかもしれません。

ただ、前提が有機栽培なので、そうでないところではあまり効果は出せないかもしれない…
そういうことでは、それほどヒット商品にはならないでしょう。

でも、皆さんには絶大な効果を感じてもらえると思います。

では、どうしてリバイバルが誕生したのか?を解説していきますね!

一本杉が研究材料!

バラが不調になると、ウンともスントも言わなくなったり、一本杉のまま上だけちょろっと動くだけになりますよね?
皆さん、経験はありませんか?

まあ、こうなってしまう要因はいろいろあります。
だから、こうならないように、その要因に対してのアドバイスを皆さんにお伝えしていました。

一方で、私は「どうしてバラはこうなってしまうのか?」の分析調査もやっていました。

元気で健全に育っているバラと不調なバラは何が違っているのか?

これについて、バラ体内の物質と土の物質を科学的に分析していました。
けっこう時間とお金が掛かりましたが…

これについては、すべて解析できました。

どうして急に動き出す?

皆さん、こんな経験はありませんか?

ウンともスントも言わないから放置気味にしていたら、数年後に急にガンガン動き出した!

バラに何が起こったのか?土に何が起こったのか?
不思議ですよねえ…

しかし、何かを取り戻せたから動いたわけで、これも科学的に分析したところ…

元気で健全に育っているバラと同じ物質バランスのモノが発見された!

これで、なるほど!ってことにはなりますよね!

物質を強引に替えてみると?

「じゃあ、不調なバラの物質バランスを好調なバラの物質バランスにしちゃえばバラは動き出すのでは?」

これ、皆さんもそう思いますよね!カンタン、カンタン!
私もワクワクしながらやってみましたが…

ウンともスントも言わない…

好調なバラの物質バランスにしても、すぐにそのバランスは崩れてしまいます…
何度やっても、いろいろ替えてやってみても同じ…

なんてこった!

ということで、悪戦苦闘の日々を迎えることになりました。