バラの土作りというのは、実はとってもカンタンです。
地植えも鉢植えも考え方は同じ!
バラも実物野菜や果樹も考え方は同じ!

「土のこだわり」というのはとても勘違いされていますが、土というのはそれほど複雑なモノではありません。
基本的な考えはほとんど同じですので、あれこれ混ぜたくなる気持ちを抑えてシンプルに考えていきましょう。

基本用土の考え方

基本用土というのは、そのまま「土」です。

鉢植えの場合は赤玉土や鹿沼土、化成肥料で育てるならピートモスも基本用土になります。

何が良いのか?は、これはすべて育て方によります。
ピーキャット流は、赤玉土のみ!
ツツジなど酸性土壌を好む植物は鹿沼土を使いますが、バラは弱酸性土壌を好むので鹿沼土は使いません。
有機栽培だとピートモスは分解対象になってしまいますので、ピートモスも使いません。

地植えの場合は庭の土です。

この庭の土はさまざまです。瓦礫が多くて使えない場合もあれば、元が畑だった場合もありますし、山の造成地ではかなり土が痩せている場合もあります。
ですが、慌てて土を入れ替えるなど考えず、まずは庭の土をどう良くしていくかを考えていきましょう。

堆肥を入れる理由

有機栽培にとって、堆肥の投入は不可欠です。
理由は、もちろん土に自然のサイクルを持たせるためです。

堆肥は土の栄養と考えると土作りは失敗しやすいので注意してください。
堆肥は栄養分と考えずに、「土のパワー」と考えていきます。

土に多くの堆肥を入れると、そこに有用微生物が多く居着きます。
有用微生物が多いと肥料を与えたときに分解力が強く、多くの栄養を作り出します。

土の堆肥を少なめにすると、有用微生物の居着きも少なくなります。
よって、肥料を与えても分解力が弱いので、作る栄養は少なくなっていきます。

これを育てる植物ごとに堆肥の投入量変えるだけ!

これが有機栽培の考えであり、ピーキャット流の考えでもあります。

あれこれ混ぜない!

土はなによりバランスが大事です。
1+1=2にならない世界…それが土の世界です。

ですが、土作りにはいろいろな資材があります。
ゼオライト、パーライト、各種用土、バットグアノ、炭、かに殻…

混ぜてはいけないわけではありませんが、混ぜる必要があるのかどうか?

たとえば、バットグアノなどの有機物は土の中だと1~2ヶ月で分解されてしまいます。
リン酸が必要な時期にはもう存在していない…
バットグアノは後入れすべき資材であって、最初から入れていても何の役にも立たない場合があります。

ゼオライトなどは良質なモノでなければすぐに壊れてしまいます。
壊れてしまうと、それは目詰まりの原因になります。
狙った効果とは違ってしまい、悪いことが起きてしまうことのないようにしましょう。

鹿沼土を入れる場合は、土を軽くしたい場合に使うことはあります。
市販されている培養土の場合は、かさ増し用です。
あえてpHが低い酸性の土を入れる必要はありませんし、入れる場合は完成した土のpHは測っておきましょう。
pHが6.0を下回る場合は取り除くべきです。

ピーキャット流でカンタン土作り!

土にこだわっていた私が行き着いた先…それがピーキャット流の土作りです。

その方法はピーキャット流ですから「植物に合わせる」ことが大事となります。
では、植物に何を合わせるのか?

それは、pHと土のパワー!

以前は土の乾湿も考慮していましたが、現在は「好気性」か「嫌気性」かだけを考慮します。
ほとんどの植物は好気性土壌で育ちますので、これは好気性土壌の選択のみで考えていきます。

pHについては、日本の土壌はまず弱酸性を保ってくれます。
化成肥料を使用したり鹿沼土を入れたりするとpHは酸性化してきますが、ピーキャット流は有機栽培ですし、カルシウム補給も葉面散布ですからpHは気にしなくても大丈夫です。

あとは土のパワーです。
土のパワーは堆肥の量でコントロールしますので、これは次で詳しく解説します。