植物栽培では、どうしても栽培過程で土のバランスが悪くなる場合があります。

■天候不順
■肥料の偏り
■植物の状況変化(栄養生長、生殖生長など)
■土の劣化

特に、土量が限られているガーデニングでは土のバランスを崩しやすくなります。
これは仕方ない!と考えてください。

ですから、このバランスを取り戻す技術も大事になってきます。
が…
目に見えないモノをどうこうできるというものでもありません。

ですから、これをカンタンにできるモノをピーキャットが用意しました!

MIX堆肥でメンテナンス!

堆肥は分解されていきますので、少しずつ量が減っていきます。

ただ、堆肥の量が減ってもバラがいろいろ補っていくので多少減ったからどうこうにはなりません。
しかし、ある程度まで行くと堆肥不足で土のバランスが崩れていきます。

鉢植えの場合は冬の土替えでリフレッシュできます。
土替えしない年は、冬に堆肥を土の上から軽く混ぜてあげることで補充できます。

地植えの場合は、冬に土全体に堆肥を混ぜ合わせてあげます。
土の上から軽く混ぜても、そのうち自然がしっかり混ぜてくれます。

バイオセットでメンテナンス!

有用微生物の優位性から、微生物バランスは繊維分解菌から始まります。
その後、様々な微生物は連動しますので、メンテナンスはこの繊維分解菌を補充していきます。

「いくら繊維分解菌が有用菌でも、増えすぎると悪いことになるのではないか?」

実は、これは起こりません。
土という器は限られているので、微生物はいくら増えても自然が淘汰してしまいます。
そこに居着ける数しか生き残れませんから、こういう自然の摂理を利用していきます。

これが、バイオセットです!

植え付ける土に!春前の準備に!秋前の微生物バランスに!
投入することで、微生物バランスをしっかり取り戻していきます。

ピキャット・リバイバルでメンテナンス!

生育不良の鉢バラの土は、物質バランス、微生物バランスともに大きく崩れています。
もちろん、地植えでもかなり乱れています。

ピキャット・リバイバルは、物質バランスを整えながら微生物バランスを取り戻していきます。

ピキャット・リバイバルは生きています。
生きているというのは、中にいろいろな有用菌も仕込んであるということです。

ただ、有用菌を与えただけでは壊れた物質バランスの中では有用菌は生きていけません。
ですから、有用菌が増殖・維持できる物質バランスを整えながら微生物バランスまで取り戻していきます。

■花後のケアに!
■過酷な夏に!
■休息時に!
■バラが不調なときに!
■苗の植え込み時、新苗の成育中に!

バラ体内、土壌、微生物のバランスを整えるのに特化した、有機栽培ならではの全く新しい活性剤です!