裸苗を植えるのはとても簡単ですが、植え付ける際の対策はやっておきましょうね!

大苗を水洗いします


付着している土はしっかり洗い流してください。
土が落ちにくい場所は、水圧で洗い流していきます。
ただし、根を傷めすぎないようにやりすぎは注意です。

ピーキャットではガンガンに痛めつけてでも土は落としきりますが…
あとでピキャットクリアをたっぷり散布しますので、そこまで神経質になる必要はありません。

根の先を軽く切りましょう


根の先は黒く傷んでいることが多いので、先だけ軽く切っておきます。これで根も出やすくなります。
傷みが激しい大苗の場合は、少し長めに切ります。
また、根が鉢に収まらないほど長く太い場合はあらかじめここで切っておきましょう!
少しでも根を残した方が有利なわけではありません。

ピキャットクリア洗浄します


100ppmのピキャットクリアを株全体にまんべんなく噴霧して洗い流します。特に根にはしっかり噴霧しましょう!
作業はなるべく日陰で行ってくださいね。
後で体内除菌する場合でも、まずは洗い流してください。

体内除菌もしくは水に浸ける

体内除菌する場合は、ここでおこないます。
方法はこちら→体内除菌

体内除菌しない場合は、水を入れたバケツに苗の根の部分を浸けて株に水を吸わせます!
1~2時間程度は浸けておきましょう!

病気が心配な場合は木酢液を使う

苗がたくさんある場合は木酢液100倍をバケツに作って根を5分ほど浸からせます。
数本の場合はもったいないので、木酢液100倍を根にしっかり噴霧しましょう。

鉢を準備する


まず、 スリット鉢のスリット部分を隠すようにクリプトマルチを敷きます。
これはスリット部分からの土漏れを防ぐためです。
ちなみに、鉢は8号CSMスリット鉢です。
土を少し入れて端のほうへもしっかりと入れ込みます。

用意した苗を配置する


写真は輸入裸苗のイングリッシュローズです。
品種によって、根の多さや長さが変わってきます。

株の向きがバランスよく上に向くように位置を決めます。
あと、なるべく株を中央に持ってきたほうが、後々、格好良く咲きます。
株が曲がってて、どうしても中央にこれないときは、枝がまっすぐに向けるようにします。
根は一箇所に固まらないように配置してあげるのがベスト!
しかし、神経質になる必要はまったくありません。
首の高さもこのときに大体決めるようにします。


このように、異様に根が長い大苗もあります。
切ってしまうよりも、根をまとめて鉢に入れて、株を回し、ねじるようにしながら下へ下げていくと、鉢に収まりやすくなります。(根が螺旋状になっているのがわかりますか?)どうしても入らない太い根などは、清潔なはさみで切りましょう。
切らない方が良いわけではありません。根はすぐに伸びてきますので、あまり気にしなくて大丈夫です。

まず土を入れる


土をざざっと入れます。
株は手でしっかり固定しておいてくださいね。

根の間に土を入れる


さらさらした良い培養土ならば、根の間にも容易に入ります。
ただし、根が混んでいたりすると上から土を入れただけでは隙間に入り込めないこともあります。
株を固定しながら、指で、根の間に土を送り込んであげましょう。
ですが、神経質にならなくても水を与えれば土は入っていきますので…
このとき、しっかり土が入れば 株がぐらぐらしないようになります。

さらに土を入れる


株を抑えながら、土を入れていきます。
きちんと植え終わるまで、どちらかの手は常に株を中央に固定しておくことが大切です。

土を入れてならす


スリット鉢だったら、上のふちのくぼみくらいまで土を入れます。
少し多めに入れて、
・鉢横をトントンとたたく
・上から少し押さえる
を1~2度繰り返します。
土が多かったら取り除き、少なかったら足してください。

完成


できあがりです!
たっぷりと2~3度水を与えてください。

剪定は2月頃!


秋に植えても冬に植えても剪定は冬にします!
大苗はほとんどが枝の高さを揃えて機械でバッサリ切ったり、少し長めの適当なところで切られていますので剪定は必要です。
まれに異様に短く剪定してしまう方がおられますが…
春の動きが良くてもその後で悪影響になることがあります。
長いままにしておいても、春に株が大きくなりすぎて倒れやすくなったり、水が切れやすくなったり、株に負担をかけることになります。
良い芽のところで、品種に合わせた通常通りの剪定をしてあげましょう。
剪定したらカルスメイトで切り口保護も忘れずに!
切り口から樹液が出てくることがありますが、これは元気な証拠!
大苗で樹液が出るのなら、良い苗に当たったということです。

寒さ対策は不織布をかけてあげましょう

まだ十分に水を吸えない大苗は、強い陽差しで枝が焼けたり、寒風で乾燥したりしてしまうことがあります。
苗に軽く不織布をかけてあげると安心です。
風で飛ばされないように、洗濯バサミ等で鉢と固定してあげるといいですね!
寒さ対策する場合は、寒気や冷たく乾いた風から守るように、全体的に緩く厚めに覆ってあげます。