新苗はまずは鉢栽培から!
地植えにする予定のバラも、まず1〜2年は鉢で育てたほうが上手くいきます。

土を準備する


まずは培養土を作ります。
数鉢分をまとめて作る場合は、しっかり混ぜ込んでください。

これは、赤玉土とMIX堆肥を混ぜるだけ!
品種に合わせて、配合を変えていきましょう。

作り置きした培養土は分離している場合があります。
袋から直接鉢に入れず、まずはタライやバケツに入れてしっかり混ぜます。
混ぜる癖を付けてくださいね!

乾燥している場合は水を弾いてしまい吸水力がかなり劣っています。
全体的に水をかけて良く混ぜ合わせ、吸水性を取り戻してから使用しましょう。

鉢を用意する


まず、 スリット鉢のスリット部分を隠すようにクリプトマルチを敷きます。
これはスリット部分からの土漏れを防ぐためです。
それ以外の効果はありません。クリプトマルチは少しずつ分解されていきます。

ポットから抜く


株をポットから抜きます。
新苗は根鉢をくずさずにそのまま植付けるので、土がくずれないように気を付けてポットを抜きます。
当店の苗は根がしっかりしているので、基本的には、株元を軽くつかんで、ポットごと持ち上げ、ポットの縁を上からたたけばスコンと抜けます。
根元を強く握りすぎて、接ぎ目を外してしまわないように気を付けてください。

植え込む前に苗の体内除菌をする場合は、ここで土を崩しておこないます。
癌腫の心配がある苗の場合、腕に自信のある方は自己責任でやってみてください。
ちなみに、私は癌腫の心配があれば体内除菌しています。

新苗の土を鉢に入れたくない場合も、ここで土を落とします。
土だけ落とすのではなく、土を落としたらきれいに水洗いをしてからピキャットクリアを根に噴霧しておきましょう。
この際、癌腫の瘤やネコブセンチュウが見つかった場合は処置します。

ただ、新苗ですので土を崩すのは本来は良くありません。あくまで自己責任でどうぞ!

鉢に植える

*この写真は、まだピーキャットが農薬をガンガン使っていたときの写真…おぞましい
*ジマンダイセンの散布後です


株向きのバランスと、株の接ぎ口が土の上に出るように高さを調整して、株を据え、株元をしっかり持ちながらある程度土を入れます。

スリット鉢だったら、最終的な土の高さは上の縁のくぼみくらいまでとなります。
土を少し多めに入れて、
・鉢横をトントンとたたく
・上から少し押さえる
を1~2度繰り返します。
ピーキャットの培養土はしっかり押して植えても大丈夫ですので、ふわっと入れず、隙間無く土をいれましょう。
ふんわり植えるとあとで株がぐらついたりして健全な生育によくありません。

しっかりと水を与える


バイオセットはこのタイミングで投入してください。
土の上から撒いて、土に隠してしまいましょう。

あとはしっかりと水を与えて完成です。
水は、こぼれる寸前まで溜めて水が引いたらもう一度…3度くらい繰り返せばバッチリです。
水が引いた後にちゃんと水を吸っているか、指で少しほじって確かめましょう。

せっかくしっかり植え付けたのに、ここでの水遣りが不十分でダメにしてしまう場合があります。

完成


支柱が立っていない場合や、長さが足りていない時は、支柱を立て、枝を固定しておきます。
この後、マルチングを行っておくといいですね。

植え替えてすぐに肥料は与えてはいけません。まずは根を落ち着かせてあげます。
ここでピキャット・リバイバルを規定の2倍薄めて与えるのは良いことです。

ぼかし肥料は1週間から10日後に与えます。
規定の半分ぐらいからスタートしてください。