今日は予定していたことが丸1日吹っ飛んでしまったので…
午後からは別件が入りましたが、朝は暇なのでちょっとしたよもやま話を…

皆さん、私は横柄な人間だと思っていますか?

おそらく、そうだ!という人と、まったくそんなことはないという人と分かれると思います。

まあ、それは私もわかっていて、わかっていても別に気にすることもありませんが…
実際、私は横柄な人間であることは重々承知していますし、改める気はまったくありません。

私は何に対して横柄なのか?

これを座右の銘から話してみたいと思います。

成せば成る成さねば成らぬ何事も 成らぬは人の成さぬなりけり

これ、上杉鷹山の有名な名言ですよね。
でも、これは違っています。

為せば成る為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり

こちらが上杉鷹山の名言です。
「成せば」と「為せば」という、漢字の違いがあります。

でね、上杉鷹山の前には武田信玄がこのような名言を残しています

成せば成る成さねば成らぬ成る業を、成らぬと捨つる人の儚き

「成せば」と「為せば」は実際はどうだったのかわかりませんが、私は歴史的背景や人物像から「成せば」と「為せば」はそれぞれ違って使われていると考えています。
まあ、これは解釈のことで、どちらが正解かはどうでもよいことではありますが…

この漢字の違いが私はとても気に入っています。
私が勝手に決めつけて気に入っていることではありますが…

「成す」…やろうと思えばできること
「為す」…とにかくやってみること

武田信玄は、「成らぬと捨つる人の儚き」と言っています。
「やろうと思えばできることをやろうとしないのは、馬鹿げたことだ!」と、私はそう解釈しています。

上杉鷹山は、「成らぬは人の為さぬなりけり」と言っています。
「まずはやってみよう!できないのはやらないからだ!」と、こう解釈しています。

同じようなことを言ってはいますが…

どちらが「成す」ことは簡単でしょうか?

上杉鷹山のほうは、何か特攻隊みたいなイメージですよね。
成せることかどうかは説いていません。

武田信玄は、「やろうと思えばできる!」と断言しています。
成せるのだと説いています。

まあ、実際はわかりませんよ!
でも、人物像や歴史的背景を考えて、こういうことだと私はとらえています。

では、皆さんはこの武田信玄と上杉鷹山はどちらが好印象ですか?

「やってみようよ!がんばってみようよ!」

「やろうと思えばできること!なんでやらないんだ!」

上杉鷹山は励まして、武田信玄は叱っている風に感じませんか?

でもね、これってターゲットが違うだけであって、意味的には大して違わないんですよね。

上杉鷹山は「呼びかけた」
武田信玄は「諭した、教えた」

だから、これは受け取る側がどういうターゲットなのか?ということだけなんです。
武田信玄が横柄で、上杉鷹山は謙虚なんてことではまったくありません。

と…かなり強引に私は解釈しています。

「やろうと思えばできること!なんでやらないんだ!」
なんて言われてしまうと、なんて横柄で偉そうな奴だと思ってしまいますか?

まあ、そうなんだろうと私は思います。

で…私が勝手に作った句は…

成せば成る成さねば成らぬ何事も 成せれば繋がり新しきを産む

やろうと思えばできることを続けていると、およそ関連性は無いと思っていたこともその成果がいろいろ繋がって、やがて不可能を可能にするような知恵が生まれるってことです。

まあ、私が勝手に作った句なので、価値はまったくありませんが…
私はこのようにやってきているってことです。自己啓発ですね。

私は知恵を簡単にバンバン出せるような頭は持っていないので…
いろいろやって、成功や失敗も続けて、そうしていたらいろいろ知恵が出てきた!

こんな感じかな?

でね、皆さんもそれぞれいろいろな体験をされていると思います。

たかがバラ栽培 されどバラ栽培

無農薬なんて本当にできるのかな?から始まって、いろいろ体験して…

今までバラバラだった栽培のやり方が、実はいろいろ関連して繋がっていた!なんて気づいた方も増えてきましたよね!

バラだけにバラバラ…

堅い話を、最後は親父ギャグで締めくくってみました!