今回はちょっと余談?もしくは難しすぎる話を…

難しすぎるので、できるかぎりカンタンに書いていきます。
そういうものなんだ!程度で理解していただければと思います。

植物栽培での微生物活用

農薬を使え、化成が良いと言いながら、微生物ブームでもある植物栽培…
土は有用菌が必要と微生物資材を売り、黒点病予防で殺菌剤を潅水させるというまったく意味不明なことを見てしまうのも珍しくありません。

微生物の活用って、本当にわかっているのか?

一方、ピーキャットもバイオセットやリバイバル、ぼかし肥料が微生物資材に当てはまります。
ぼかしは肥料ですが、有用微生物もしっかり含まれています(当たり前に)

でね、植物栽培で微生物を活用させるためには理論と現場の融合無くして語れません。

これをわかりやすく解説すると…

○○菌は○○に効果的!

こういう菌は実際のところ、腐るほどあります。
植物にしろ人間にしろ、無数の菌やウィルスに支えられて生きています。
良きにしろ悪きにしろ、菌は大きく関わってくるのです。
しかも、この菌は単独で何かをする場合もあれば連鎖で事を為す場合もあります。

こういうのは皆さんもよく目にしていますよね。
○○菌はこういう働きがあるんですよ!みたいに…
いっとき、菌根菌ブームなんてのもありましたからねえ

こういうのは、学者さんや研究室で発見され、かなり数も多いですね。

じゃあ、そういう発見から現場では栽培に結びついているのか?

一時的なブームから、やがて消えていくのも微生物資材…
現場ではあまり良い話は聞かないですね。

これはある農家さんでの話…

「やたら高価な微生物資材を使っているから土は問題ないはずなんだ!しかし、土壌病原菌は止まらない…」

微生物資材ってけっこう高価ですから、結果が出ないと辛いですよね…

でね、私はこう話します。

「人間だって、いくら身体に良い菌を食べたって胃酸で溶かされたら終わりでしょ?」

胃酸はpH1~2の強酸性ですから、その菌を活かすには胃酸に耐えられる菌でなければいけません。
胃酸という関門を突破しないと、腸内環境を良くする菌は腸まで届かないのです。
だから、健康食品で売っている「菌」をウリにしている商品は、この胃酸を突破できる菌のはずです。
おそらく…
私は詳しくないので、そこは専門の人に聞いてください。

植物栽培に関しても、これはまったく同じなんです。

ただ、植物栽培は人間の消化器官とは違って胃酸を突破するとかではありません。

菌の優位性 環境の優位性

これはすでにお話ししていますよね。
好気性土壌に嫌気性の菌を入れても、これは環境により嫌気性の菌は死滅します。
この代表格は光合成細菌ですね。
菌根菌は植物栽培に効果的であったとしても、有機土壌なら強い放線菌にパクパク食べられて終わりです。
これは菌の優位性ですね。

こういうのは、こう考えてください。

菌の効果や働き(理論)があっても、優位性(現場)で合わせなければタダの餌

人間も胃酸で溶かされちゃう菌なら、菌が溶けて栄養になるだけ!
植物も死滅したり放線菌に食べられたら、栄養になって終わり!

高価な微生物資材が薄い肥料になってしまう悲劇が起こるわけです。

じゃあ、光合成細菌や菌根菌は栽培では活かせないのか?

いえいえ、そうではありません。それを活かせることができるのが技術です。

たとえば、胃酸に溶かされてしまう腸内細菌があったとします。
ごめんなさいね、私はよく知らないので仮定の話ですよ。
胃酸で溶けちゃうなら、胃を通さずに腸まで送り込めばいいですよね?
だったら、お尻から入れればいいんじゃないかな?
そういう治療法があるのかどうかは知りませんけどね、胃酸で溶けちゃうならそういう回避方法はとれるはずです。

じゃあ、光合成細菌や菌根菌は?

光合成細菌を活かすなら、土壌を嫌気性にすればいいですね。
ただ、有機土壌は好気性なので有機栽培ではない慣行栽培なら活かせることもできます。

菌根菌は有機土壌にもしっかり存在していますが、投入しても居着けるモノではありません。
ですから、菌根菌を期待通りに活かすなら有機土壌にしないことです。
菌の優位性をとっちゃうことで、活かせるんじゃないかな?
私なら、土は栄養価の極力少ないモノを使い、化成で育てるでしょうね。

このように、微生物資材というのは菌の優位性・環境の優位性をしっかり理解した上で使っていきます。

「じゃあ、有機栽培でそういう微生物資材は使うべきではないの?」

いや、あくまで有機栽培ですから何かのメリットは得るかもしれません。
現場の理論からすれば餌になって終わりだから、餌の効果は間違いなくある!と…
餌だから、「土壌の有用微生物が活発になります」というのは間違いではありません。
まあ、堆肥か肥料で済むことですが…

しかし、慣行栽培なら活かすことができる菌でもあります。
実際、私は活かす方法を知っています。

でもね、巷の使い方は土に堆肥混ぜて、土は酸素が必要と言って…
この菌が大活躍!なんて言うから、デタラメってことになります。

「じゃあ、ピーキャットの微生物資材はどうなんだ?」

そうですね、
菌の優位性が上位 環境の優位性も上位

有機土壌において、優位性が極めて高い菌ですね。
まあ、有機土壌において優位性が高い菌だから有機土壌になるということでもありますが…

まあ、こういうことです。有機栽培用ですから…

まとめますと…

科学的な話はどこまでも難しい話になりますが、実は単純なことのほうが理解されていない…

菌を単独で語っても、しょせん現場は無数の菌の世界なのだ!

微生物の有効活用はさらに向上すべきです。
そのためには、まずは栽培スキルの向上が先に来なければいけません。

微生物資材が高価で薄い肥料にならないように…

あとはね、良い菌だから良い菌の働きだけで良いことしか起こらないとは限らないという…
さらに難しい話もあるので、こういうのはいずれ機会があればお話しします。