施肥を知る上で、窒素の存在はとても大事です。
この窒素をしっかり理解できれば、貴方の栽培は劇的に変化していきます。

ただ…巷の話はちょっと難しいし、あまり使えない…
ここはピーキャット流でしっかり習ってみてください!

窒素というのは皆さんご存知の通り、空気の78%は窒素です。
酸素が21%でアルゴンが1%、二酸化炭素はわずか0.04%程度です。
そして、地球の土壌全体にも窒素が多く含まれています。空気中よりも多いんですよね!

この窒素が、ある化学反応をして硝酸イオンやアンモニアイオンとなり、これがアミノ酸→タンパク質となることで地球上に生命が誕生しました。
生命の神秘の始まりですね!生き物の身体はタンパク質でできています。

では、この窒素がどうやってタンパク質にまでなるのか?

これは有用微生物によるものです。
土壌の有機物を分解するのも、大気中の窒素を窒素固定するのも、これは有用微生物が行なっています。
この有用微生物は、窒素から硝酸イオンやアンモニアイオンを作り出します。

この硝酸イオンやアンモニアイオンは水に溶けていて、これを水ごと浸透圧で摂取するのが植物です。
そして植物は、この硝酸イオンやアンモニアイオンをアミノ酸に換え、タンパク質を作ります。
このタンパク質が枝であり、根であり、花であるわけです。

動物は硝酸イオンやアンモニアイオンからアミノ酸は作り出せません。
タンパク質は植物などを食べることで得ます。

ここまで理解できましたか?
化学肥料を使わない有機栽培は、この自然の仕組みを理解しているととてもわかりやすくなります。

これ以上の詳しい解説は、何かの専門書などでご覧ください。
結構面白いですよ!

でね、窒素を窒素化合物として植物が摂取できるためにどうしても必要なのが有用微生物の存在だというのは理解していただいたと思います。
この有用微生物は数えられないぐらい多種ありますが、ある共通した点があります。
それは、「水と温度の存在」が欠かせないということです。

雨が降らない砂漠では草すら生えないのは、水が無いというのもありますし有用微生物も存在できません。
雨が降る地域では、土がむき出しになっているところがありません。
水はあるし、有用微生物も豊富ですから、植物が育つ条件をタップリ満たしています。

「水は生命の源!」その通りですよね!

そして、ここからが私独自の解説です!

有用微生物の存在…有機栽培ではとても大事ですよね!
だから、皆さんには有用微生物を意識してもらっています。これが、土作りです。
有機堆肥をしっかり混ぜて、有用微生物をしっかり土に居着かせることをしています。

そして、有機肥料を施肥します。
ところが私は、「肥料は量ではない!濃度だ!」と言っています。
この理由はすでに解説していますよね!

「この硝酸イオンやアンモニアイオンは水に溶けていて、これを水ごと浸透圧で摂取するのが植物です。」

水を摂取する量は浸透圧で決まっているので、窒素摂取は濃度で摂取量が決まります。
つまり…

「栽培においては、土の窒素濃度が施肥の目安!」

土耕栽培(土に植えていること)であれ水耕栽培であれ、根がどの程度の窒素濃度で摂取しているかが施肥の目安になっていきます。
よくわからない方は、まずは「肥料濃度を考えよう」を読んでくださいね!

でね、ピーキャット流は窒素だけは土に与えています。
「甘彩や活根は、どうして土に灌水するんだろう…」
この答えは、土の窒素濃度を考慮しているからです。

「肥料は土に混ぜてはいけない!」
この理由もわかりますよね!
肥料なんて混ぜたら、土の窒素濃度はまったく安定することなどありません。
農家さんが「窒素飢餓になっちゃったよ…」という相談は、実際は濃度障害や根焼けが多くて…

「甘彩は週1ペースで与えるべきなのに、3日ペースで与えてしまっていました!どうしましょう…」
いやいや、大して差はないです。

「甘彩と活根の使い分けがイマイチ…」
窒素濃度を上げるか下げるかで考えればいいですね!

いかがですか?ちょっと難しいかもしれませんが…
「どれぐらい肥料を与えればいいんだろうか?」と悩むよりは濃度で考えたほうがより簡単です。
これが有機栽培です!

そして、ピーキャット流はこれをとても簡単にしています。
皆さんが失敗しないようにも考えています。

まずは土作りですよね!
有機栽培のすべての基礎は有用微生物が担っています。

次に、基本肥料です。
最低限の窒素濃度を出すためですね!
これは窒素分の割合が高いぼかし肥料を使っています。

そして、甘彩と活根の使い分けです。
窒素濃度が低くしておきたい場合は甘彩、高めたいときは活根!
でもね、活根の濃度以上に窒素濃度は上がりません。
希釈を間違えない限り、濃度障害や根焼けは起きないんですよね!
起こるとすれば、活根を常時効かせたための窒素過多ですね。
これは葉っぱなどよく観察すれば見抜けるようになっています。

いかがですか?

「肥料はどれぐらい与えればいいですか?」という質問はいつもたくさん来ます。
でも、大事なのは与える量ではなくて、土の肥料濃度です。

「肥料を与えたら与えただけバラが摂取するわけではない!」

これも濃度だからです。
農家さんが畑を壊してしまうのも窒素過多です。これは、土の窒素濃度が異常になることで起こります。

「バラを栽培している人の大半は窒素過多!」

私がこう言い切っているのも、施肥を量でしか考えていないからです。
すでにピーキャット流を実践している方は、かなり施肥量を減らしてもバラが元気に育っていることに驚く方が多いんじゃないでしょうか?

「効率的に窒素を効かすというのは、濃度のコントロールってことですか?」

はい、そこまで理解できれば窒素は理解できたと思います。

「もしかして、乾きやすい土の場合は窒素濃度を落とし、乾きにくい土の場合は窒素濃度を上げるとか?」

そうですね!乾きやすい土は乾く段階でどんどんと窒素濃度が上がります。
そういう考え方はナイスですね!

ピーキャット流では、目安の量というのを明記しています。
ただ、これは目安に過ぎません!
皆さんはそれぞれ、育てる環境や条件、品種などが違っています。

「皆さんのバラは、皆さん自身で施肥コントロールしていく!」

その最たるが窒素のコントロールです!

さあ、皆さん!
まずは量から濃度への変換を、思いきって悩んでみてください!
バラの生長段階で変わってくるし、品種や株の状況でも変わってきます。
土でも変わってくる!

簡単なことではありませんが、習得できれば一気にスキルUpします。