無農薬とは人のおこないのことです!

無農薬栽培とは?

栽培環境において、農水省指定の農薬成分を存在させない方法

これは私の勝手な解釈です。他とは言い分が違うとは思いますが…

定義とかはどうでもいいですよね。そんなものでバラは育ちません。
私は現場の人間ですし、こちらに来られている方々も現場でバラ栽培しているガーデナーさんです。

でも、ウンチクこねられる場合もありますので、無農薬についてのウンチクを書いておきます。

無農薬というのは、農薬に対する人々の危機感に対して、「農薬を使わずに栽培していこう!」という人の愛情と努力のことを言います。

農薬は安全なのか、それとも危険なのか?

安全なのか危険なのかは、これは行政や学者が考えれば良いことです。
福島原発や豊洲市場など、安全だと言われていましたが…誰も安心などしていませんでした。

もちろん、安心と安全は別物です。
もし「農薬は安全」であったとしても、人々は「農薬は安心」とは考えていません。
人々が安心できないのですから、安心を与えてあげるのは私ら現場の役目です。
もちろん、農薬は安全ではないので、さらに私たち現場は無農薬化するべきです。

私たちは植物を育てている現場の人間です。
・収穫物を食する人々、飾る人々、育てる人々
・家族やご近所
この方々に、安心と安全を与えるためにおこなう植物栽培が無農薬栽培です。

「よし、明日からは化成肥料や化学農薬を使わないようにするぞ!」

これを実行すれば無農薬栽培です。現場ではしょうもない屁理屈は必要ありません。

人々への安心と安全の提供、環境保全をおこなうにはスタートラインが必要です。

「よし!」と決めたときから無農薬栽培!

この無農薬栽培を実践しようとする農家さん、ガーデナーを増やしていこうとしているのがピーキャットです。

※記事名が無い場合は一旦一覧ページへ戻ってください。