植物の栽培技術とはどういうものでしょうか?

「植物が上手く育つための技術」

もちろん、そうです。
しかし、これでは大きく不足しています。

「農業なら農業者、皆さんならガーデナー、一人一人が確立し実践できる植物栽培技術!」

たとえば、ガーデニングで衛生管理をしつこく指摘しているのはピーキャットだけ…
どうして、ピーキャットは衛生管理にうるさいのか?

もちろん、皆さんのバラ栽培を確立してもらうためです。皆さんのバラ栽培を守るためです。

皆さんには皆さんの住環境があります。
ご家族、ご近所、バラを育てる場所…それぞれ違ってきます。

皆さんはガーデニングで牛糞や馬糞、有機肥料を使います。
広い畑で使用されるなら衛生管理などとやかく言う気はありません。言ったとしても収穫物に対してのみです。
しかし、皆さんは住宅地でバラを育てています。

「バラが上手く育つなら、住環境は汚染されてもかまわない!」

そう思う方もおられるかもしれませんが、大半の方は汚染されることなどまったく気づいていません。
ピーキャットが指摘して始めて意識していただいています。

ところが…
ご家族やご近所も気づいていなかったでしょうか?
ガーデニングをしていて体調を崩すことはなかったでしょうか?

もちろん、私も気づいていませんでした。
農場でバラ苗を作っているだけでは、決して気づけないことです。
皆さんと密に接しているから気づいたことです。

ピーキャットは皆さんと密に接していくことを大事にしています。
店という観点からは、平等性や効率を考えると良くないことかもしれません。
とても小さな店ですが、大きな店のような振る舞いを求められることがあります。

しかし、皆さんと密に接しなければ、皆さんを守る栽培技術を確立できるわけがありません。

創業以来、ピーキャットは皆さんからの情報は宝だと考えてきました。
そして、その宝から生まれたのがピーキャット流バラ栽培です!

本当を知り、スキルを高めていただくのに難しい話も多くありますが…
皆さんに実践していただける技術をピーキャットは提供しています。

知識や技術をひけらかしたところで、皆さんに実践していただけなければ絵に描いた餅…
これはピーキャットの理念に反します。

皆さんからいただいた情報で築き上げた植物栽培技術!
これこそ、ピーキャットが自信を持って皆さんに提供している技術です!

※記事名が無い場合は一旦一覧ページへ戻ってください。