私の書いているピーキャット流栽培方法を読むと、ほとんどの方は難しく感じます。

これを初心者が理解できるのか?

そう心配される方は多いと思います。

しかし、ご安心ください。
私が書いている内容は、プロでも知らない人のほうが圧倒的に多くなっています。

つまり、初心者であれプロであれ、スタート地点は大して差が無いということです。

植物栽培では「水遣り3年」なんて言葉があります。
でも、私は水遣りなんて覚える気があれば1日でマスターできると考えています。
もちろん、土と根のことを知ればという前提ですが…
知らない人は3年経とうが10年経とうが同じ!でも、知った人は1日でできるようになります。

「バラの誘引」と聞けば、バラ特有の技術のように感じますよね?
でも、誘引というのはバラが自立できることと枝が折れないことを考えるだけで済みます。
別にバラ栽培での特別なことではありません。

そうすれば、大事なのはテコの原理であることを知ることができます。
このテコの原理は物理で詳しく勉強する必要などありません。
たとえば、釣りをしている方は竿を使いますよね?
この竿はテコの原理を利用していますよね。枝を支えるのはこの竿と同じことです。
バラだけの世界ではありません。

バラの栄養管理なんて聞くと、かなり専門的に感じると思います。
ですが、皆さんは人間の栄養管理をいろいろ知っていますよね?
アスリート養成とかの専門的な栄養管理もあるでしょうが、普段から何気なくやっている栄養管理があります。
「疲れているから…」
「受験勉強で頑張っているから…」
「明日は試合だから…」
「ちょっと太っちゃったから…」

人間はとても多くのパターンがありますが、バラってそれほどのパターンはありません。
「バラに肥料を与える」というのは、それほど難しいことではありません。

バラ栽培って、難しく考えてしまう方はバラ栽培が特別に感じてしまうからなんです。

でも、実際はそうではありません。
普段から皆さんがおこなっていること、すでに身についていることを活かせばいいのです!

特別に感じると、逆に盲目になってしまいます。
動物の糞を扱っているのに、動物の糞がきれいなモノだと錯覚してしまいます。
これ、実際に多くの方が陥ってしまっています。

そして、皆さんが上達するにはとても大事なことがあります。

何が本当なのか?本当から考えていくこと!

バラ栽培が特別に感じてしまうから、多くの錯覚が生まれます。
この錯覚がバラ栽培を難しくしてしまっているのです。
本当はどういうことなのかを知れば、その錯覚は消えていきます。

まずは本当を知っていただくことをピーキャット流は大事にしています。

※記事名が無い場合は一旦一覧ページへ戻ってください。