栽培資材はいろいろなモノが売られています。
何をどう使っていくのか、迷ってしまうことも多いですよね。

ピーキャットでは、基本用土と堆肥以外は全部揃えています。
商品数が少ないので足りないように見えてしまうかもしれませんが、ほぼカバーしています。

キトサンは?

キトサンはぼかし肥料に入っています。
量を与えすぎても意味は無いので、肥料に含まれた分で効果が出せます。

ちなみに、キチナーゼは病原菌が多い糸状菌に効果があります。
ただ、これで病原菌が居なくなるわけではありませんし、あくまで緩和目的です。

ゼオライトは?

これはバイオセットに入っています。

ゼオライトは潰れてしまって目詰まりなどの元になることがあります。
ですから、硬質で潰れないゼオライトを必要最低限入れています。
入れすぎると良くないので、これもバイオセットの分だけで大丈夫です。

光合成細菌や菌根菌は?

「微生物は増殖できてナンボ!」

微生物の効果はあったとしても、栽培過程において増殖できない微生物資材は使いません。
もちろん、効果があったとしてもその前に死んでしまうからです。

バイオセットは微生物資材ですが、バイオセットの菌は好気性微生物です。
水を与えると増殖が始まりますので、上手く増殖させながら使っていきます。

まずはご確認を!

資材は使えば使うほど、その効果が得られるわけではありません。
バランスや量はとても大事です。

ただ、巷では誘惑がいっぱい…誤った情報もいっぱい…

そういう場合は、私まで問い合わせてください。
すでに含まれているモノ、効果が期待できないモノ、使う価値があるモノなどなど…
お応えしていきます。

※記事名が無い場合は一旦一覧ページへ戻ってください。