じょうろ
今年の秋の花はいかがでしたか?
ものすごく絶品の花を咲かせることができた方が増えてきています。
「この品種、宝石のように輝いた花だとは知らなかった!」
「色が濃くて香りも濃くて…秋にはこんなに素晴らしい世界があったのですね!」
たくさんのお喜びの声をいただいております。
そうなんです。バラは春かもしれないけど、花が絶品なのは秋ですね!
頑張って夏越しした結果が、秋に繋がっています。

「数年前までは丸坊主で秋の花などあきらめていたのに…」とおっしゃっていた方も今年の秋は満喫していただけました。
香りのバラがお好きな方ですので、秋の花の香りはまた格別だったと思います。

さて、まだまだ蕾を付けているバラもあると思いますが…
そろそろ来年に向けてのケアも考えていきましょう。
特に寒冷地では、すでに休眠しているところもあるそうです。

開花は、休眠期となる目安の夜中の最低気温4℃以下の2週間前ぐらいには終わらせておきましょう。
その代わり、もう肥料は与えずに甘彩だけ与えていきましょう。

 

うりゃ指図

気温が下がってきたら休眠期を迎えるまで、甘彩を7~10日間隔で、水やりの要領で土に与えていきます。
開花していても開花が終わっていても同じようにしてください。


甘彩を与えると、どんな良いことがあるのかニャ!?