なんか、森友問題がエグいことになってきましたねえ…

財務省で決済後の公文書書き換え疑惑…
確定申告締め切り直前で頭を抱える自営業者にとっては、「このやろー度」はかなり高くなっているかも…

ただねえ…

「忖度」とか「口利き」とか「顔利き」というのは、これは人間の古来からの悪しき習慣でもあるわけで…

皇族 > 政治家 > 著名人 > 芸能人

こういう組織ばっかりじゃないのかなあ…

ただ、これが悪いわけではないとは思います。
神輿に担がれた人も悪いわけではないと思います。

寄らば大樹を正義だと勘違いしている輩が悪い!

昭恵夫人が美味しい店の店主と並んで写っている写真…
これはとても微笑ましい風景ですよね。
でもね、この店主は昭恵夫人を利用して益を得ようとは思ってはいないんじゃないかな?

でもね、他は昭恵夫人を利用したいから昭恵夫人に近寄っていくわけで…
森友学園問題はその典型だし、まあこういうのは公私ともどもいっぱいあるわけですから…
自分は贅沢し放題で従業員には給料未払いしていた輩と昭恵夫人の、和やかなツーショット写真を思い出しました。
利用されてる感がすごかったですね。

今の日本は平等社会ですが、その中で特例されるのが「忖度」、「口利き」、「顔利き」です。

東北沖地震の保障問題の時ですら、「おいおい…」というのがいっぱいありましたからね。
言わないですけど…

まあ、矛盾とか理不尽というのは「忖度」、「口利き」、「顔利き」であることが多いので…
財務省だけじゃなくてねえ…農○省なんていう古式組織はねえ…

まあ、そんなもんかなあ…でも、これからの人たちには残したくないなあ…
これを機に、マスコミは他もガンガン切り込んでくれればいいんですけどね。
まあ、マスコミも自身の益にならなきゃやらないわけだし…

そんな中…

寄らば大樹の正義を許してはいけない!

と孤軍奮闘している人たちも多いわけで…
ピーキャットもそのひとつかな?

どういう組織であろうが、行政であろうが、大学教授であろうが…

嘘は嘘!デタラメはデタラメ!

はっきり言える人たちが増えてきているのも今の時代、そしてこれからの時代でもあります。

「癌腫菌はどこにでも居る菌だから…」

寄らば大樹になりかけていたデタラメを、切り崩してきたのはピーキャットですよね。
いくら異端児扱いされても、真実が正義!
反論すると、与党に対する野党みたいに見られがちですが…
私はデタラメに対する真実しか出していません。

日本の栽培技術がまったく伸びないのも、寄らば大樹のデタラメによるところが大きいですね。
その親方が○○省やJ○ですから…

私のブログを愛読してくださってる方々は、寄らば大樹ではない人のほうが多いかな?

真実よりも大樹に寄り添いたい人が多いのは、平和でもあるわけですが…
農薬や癌腫を問題視できている方々が集うのがピーキャットでもあります。

でね、ここは知っておいた方がいいですよ。

寄らば大樹も、農薬や癌腫は問題視している!

「癌腫菌はどこにでも居る菌だから…」と言っている人たちも実は癌腫は悪いものだと認識していて、そしていろいろな対策を取り組んでいます。
そうでなきゃ、抵抗性台木や癌腫保証とかも存在しないわけで…
でも、どうにもならないから言い訳しているだけの話です。

可哀想なのは、「癌腫菌はどこにでも居る菌だから問題ない」と信じてしまった人たち…
いずれ時代に取り残されてしまいます。
気がつけば、癌腫汚染された庭だけが残るとか…

農薬もいずれ変わります。
無農薬、もしくは無農薬のようなカタチになっていきます。
特に、住宅地での農薬使用などは許されなくなってきます。

私は東京オリンピックが決定したときに大きな変化が起こると思っていたんですが…
まだ日本はそこまでできていなかったですね。
でも、いずれは大きく変化してきます。

農薬推進派に見えているプロも、実は無農薬に強く憧れている!

でも、できないから農薬を推奨しているだけです。
本当は無農薬であるべきというのは、口では言わなくても心ではそう思っています。
そりゃそうです。好き好んで農薬散布しているのはちょっとヤバい人ぐらい…

ここで可哀想なのは、「無農薬なんてあり得ない!農薬は安全だ!」と本当に思い込んでしまった人たち…
いずれは置いてけぼりにされてしまいます。

ただね、私みたいな憎まれ役が無農薬を確立させたり癌腫ゼロを達成しちゃったことも問題ではあります。
こんな奴に屈したくはないでしょうからねえ…

これからの展開は難しいところではありますが…
こういうときは、主体的な思考を客観的な思考に替えれればいいんですね。

癌腫問題の主役は何なのか?

癌腫対策しなければいけない、癌腫保証しなければいけないという、バラ苗提供側の主体的な考えでは何も行えません。

癌腫菌による土壌汚染、癌腫感染によるバラへの影響、癌腫で泣いているガーデナー

ここに主点を置けば、なにをすべきかは誰でもわかることじゃないかな?

ちなみに、私は主点をわきまえています。
だから、「どうやって癌腫ゼロを達成できているのか」を知りたければ教えてあげます。

まあ、そういう男気がある人はいないかな?

農家さんでも、はっきり分かれますからね。
よくわからないプライドに固執する人が多いのが、農業では多いみたいです。
意外と女性の方が男気出す人が多い世界でもあるかな?