広まり続けるピキャットクリアの植物栽培利用!

ここに来て、ぐんと需要が増えてきました。
需要が増えれば、へんてこりんな話が増えてくるのも世の常…
なんやかんやと小耳にすることも増えてきました。

へんてこりんな話とは?

そう、何の根拠も持たないデタラメな話ですね。
そろそろ、こういうデタラメにもしっかり対処すべきかな?と思い、Q&A形式で公表することにしました。
皆様も、思い当たる節がありましたら、私までご一報いただければと思います。

ピキャットクリアは植物栽培で使えるの?

もちろん、使えます。
これは農林水産省にも確認済みで、植物栽培に使っていただいてまったく大丈夫です。

というより…
ごく一部の行政、JA、同業者などが「植物に使うことができない」などと虚偽の発言をおこなっていると聞き及んでおります。
もちろんこれはデタラメで、何が目的でそのような虚偽を行っているのかはわかりません。

このような虚偽行為を見かけられましたら、私の方までご一報いただければと思います。

植物栽培で除菌剤と名乗らないのは?

ピキャットクリアは、厚生労働省管轄側では除菌剤です。
ご家庭、オフィス、店舗、病院、施設などの利用の場合ですね。
薬や劇物という特別扱いされるモノには当てはまらないピキャットクリアですから、一般的な除菌剤として扱われています。

ただ、農水省管轄側では農薬取締法との関わりが出てきてしまいます。
植物の病気は菌による感染で、農薬では殺菌剤が用いられています。
この農薬である殺菌剤とピキャットクリアという除菌剤…
農水省側の「除菌というのは紛らわしいので、除菌剤と名乗らないで欲しい」という要望を受けております。

そして、除菌→洗浄とすることで合意しています。

厚労省側では除菌剤ですが、農水省側では洗浄剤としてください。

病害虫防除で使えるのか?

現状の農薬取締法は解釈が時代に合わないので、オーガニック時代にはそぐわないようになっています。
本来、病害虫防除というのは農薬だけでおこなうモノではありません。

ただ、そういう法律がある以上はそれに従うべきでもあります。
よって、「○○に効く」、「○○に効果がある」などは謳いません。

皆様は農薬的感覚に慣れてしまっておられるので、不安に思われるかもしれません。
ですが、人間であっても病気防除対策は「洗浄」です。お風呂や歯磨き、家の掃除、食器洗いなどですよね。

感覚的なところですから、いち早くオーガニック感覚になっていただければと思います。
病害虫防除は栽培のあらゆる行程でおこなうことであり、ピキャットクリアは植物洗浄としています。

土の微生物に影響するのか?

超高濃度(3,000PPM)を土に流し込めば土壌消毒は可能ですが…
まあ、そんなことはしませんし、やるべきではありません。

通常使用(500PPM以下)では、潅水しても土壌消毒はできません。
即座に失活し、土や土の微生物に影響しなくなっています。

土に落ちた途端、ピキャットクリアは薄い酢酸水に変わります。
この酢酸水も植物には効果的ですので、ご心配なさらずタップリ噴霧してください。

トリハロメタンの影響は?

次亜塩素酸ナトリウムには微量のトリハロメタン(発がん性物質と言われている)が含まれています。
ピキャットクリアは次亜塩素酸ナトリウムを使いますので、このトリハロメタンを材料に批判している人がいるそうですが…

これは水道水での話です。

水道水には1PPMの次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。
この水道水を飲んだり料理に使ったりお風呂で浸かったりして、長期間摂取し続けるとトリハロメタンが影響するんじゃないか?と言われています。

ピキャットクリアは500PPMまでで使用しますので、500PPMで使えば水道水の500倍のトリハロメタンがあることになります。

が…水道水とは用途も使用量もまったく違います。
飲まない、料理に使わない、お風呂でも浸からない…

もちろん、植物が摂取して蓄積するなんて事もありません。
もしあるのなら…
ピキャットクリアよりも先に、「水道水での水やり禁止」になります。
水やりの水量はハンパではありませんよね。回数もほぼ毎日です。
まあ、水遣りで水道水を使ってはいけないなんてことも当然ですが有り得ません。

こういった、デタラメな危機感を煽っていることが少なからずあるようです。
お気を付けください。

有機栽培で使えるの?

JAS有機では使えません。
今は有機栽培=JAS有機ではありませんから、JAS有機と名乗りたい農家さんだけはお気を付けください。

JAS有機がコケ気味ですので、現状はかなり混沌としています。
「農薬不使用」とか「安心安全栽培」とか、表記もいろいろあるみたいです。

まあ、商品ラベルだけの問題ですので、逆にデマとかには気をつけてください。
商品表記以外で有機栽培を名乗ることは何の問題もありません。

不当な圧力に対して

農業はいまだに封鎖的で、不当な圧力で自由が利かないことが多々残っています。
「言われた通りやらないと出荷させない!」
「決められたモノ以外のモノを使うと除名する!」
このような圧力に対抗できる農家さんはまだ数少なく、市場も閉鎖的です。

ただ、少しずつですが変わってきてはいます。
ごくわずかな成功例にすがる方が圧倒的に多いですが、独自で切り開いていく方も目に見えて増えてきました。
そういう方々に貢献できれば…

必要であれば、ピキャットクリアの解説、その他有機栽培に関する解説もやらせていただいております。

ピキャットクリアを洗浄剤とすれば、使用に何ら問題が生じることはありません。