ふざけんな!

って、怒られそうだけど…

もうねえ…悲惨な状況に落ち込んでいたら、余計に辛くなるばかり!
いっそ、癌腫対策を楽しんでみるのはいかがでしょうか?

もうねえ、ガーデナーのほうで何とかした方がいいんじゃないかな?

「癌腫病って、楽観視していいの?」

いえいえ、厄介な感染病だし枯らしちゃうこともありますよ。
有機の世界が無ければ、感染率はけっこう高くなります。

楽観視するんじゃなくて…

貴方の腕で!貴方の技術で!癌腫病を止めちゃいましょう!

というのは、いかがでしょうか?

実際、癌腫病は止まるし、治せるし、無くすことは出来ます。
致命的な箇所をやられちゃったら、台木替えもできますしね!

ピーキャットなら、ネガティブなこともポジティブに変えていける!

ゴルフを上達するには、バンカーにボールが入ったら「やったあ!バンカーで打てる!ラッキー!」と喜びなさいというのがあります。
バンカーに入ると本当はガッカリ…
スコアメイクするには(良いスコアを出す)、バンカーはできるかぎり避けていきます。
でも、避けてばかりだといつまでたってもバンカーショットは上達しない!
ゴルフが上達しません!

「ちょっとちょっと!ゴルフのバンカーとバラの感染病と一緒?」

ですよねえ…
ただね、癌腫病を出していないピーキャットしかこんなことは言えないじゃないですか!
出していないから言えるです。
出しててこんなことを言ったら、ふざけるな!と怒られても仕方ない…

でも、ネガティブになればなるほど結果はよろしくないし、スキルも上がりません。
「止めてやろうじゃないか!」
という、ポジティブな姿勢は好結果になりやすいし、スキルもグングン上がります!

一番ダメなのは、しょうがないとあきらめたり開き直ること…
これはねえ…なにもかもがしょうもないですが…

癌腫病、なにするものぞ!

やっちゃいましょう!

根頭癌腫病は日本の土壌には存在していなかった非常在菌によるものです。
外国から入ってきた説が有力なのが癌腫菌です。
日本の自然・生態系・文化を守るために、私たちが立ち上がりましょう!

ということで…
癌腫セミナー(対処方法メイン)に参加してくださいね!