セミナーをしっかり受けている!たくさんの知識や方法を理解した!

なのに現場では動けない…迷ってしまう…とんちんかんなことをしてしまう…

これね、スキルUpではあるあるなので気にしないようにしましょう!

でも、どうしてそうなってしまうのか?

それはね、皆さんが人間という生き物だからです。

皆さんがロボットなら、「決められたやり方」というプログラム通りに動けば良い!
これが普通です。
意思を持たないロボットが、バラを機械のように扱う…
まあ、初心者ならそれが一番簡単だし効果も出しやすいですね。

巷のバラの育て方って、そういう感じだから「考えず悩まずやり方重視」ってことになっています。
よくわからないのは、とっておきに頼ることになりますね。

一方…

皆さんはロボットから脱却し、バラを生き物として接しています。
意思を持ち、考え、悩み、少しでも良くしていこうとしています。

だから、動けない!だから、悩む!

そして、思い違いや考えすぎてとんちんかんなこともしでかしてしまいます。

これね、あるあるだからいいんですよ!

栽培に限らず、たとえばスポーツなんかでもあるあるですね。
だから、トップアスリートであっても常に基礎を意識して基礎練習をかかさないんですね。

栽培はね、基礎も積み上げずにいきなりお偉い先生になっちゃうからねえ…
違う意味のとんちんかんなことになっているのをよく見ます。
「これでいいんだよ!」、「こうすればバッチリなんだよ!」
状況も状態も条件もなにもかも関係なく、やり方だけどどーんと出してきますよねえ…

しかし、皆さんは状況や状態や条件に振り回されてきてますよね!
そりゃそうです。ちゃんと見えるようになってきましたからね。
ちゃんと見えているから、動けなくなるんです。
そういうことでは、盲目でエイヤア!のやり方の方がラクですよね。何も気にしなくて良いから…

ということで、動けなくなるのは誰しもが通る道ってことになります。

じゃあ、こういう状況を突破するにはどうすればいいか?

そりゃ、知識と経験しかないですよねえ…

でも、そんなことを言っていたらそれこそ「水やり3年」なんてことになっちゃいます。
お寺の修行じゃあるまいし…

そこで活きるのが、ピーキャットのオンラインセミナーです!

知識は、難しいこともできるかぎりカンタンに理解できるように解説しています。
経験は、皆さんが経験しなくても私らが嫌というほど経験していますから経験談は豊富です。

そして!ここが特筆!

「これはこうなんだ!」と言うのはカンタンだけど、それだとロボットへのプログラミングに過ぎない…

さまざまなアプローチで、「これはどういうことなのか?」、「どうしてこうなのか?」を解説しています。
このアプローチの多彩なところがウリでもあります。

巷のセミナーでは1時間程度の内容も、ピーキャットがやると数十時間になる!

この理由は、アプローチの多彩さが桁違いだからですね。
アプローチが多彩であればあるほど、知識や経験はいくらでもカバーしていけます。

ただねえ、てっとり早くやり方だけ、対処方法だけ知りたいという方にはまったく不向きなセミナーです。
その程度の内容ならすでに書いてますから、そちらをご覧ください。

「そういえば、最近はちゃっちゃちゃっちゃと動けなくなったなあ…」

「バラを前にして考え込んじゃうんだよなあ…」

そう感じた方は、ナイス!!!とっても良いことです。

レベルが高まれば高まるほど、そうなるんですよねえ!
誰もが通る道です。