私の本業は植物栽培家、自然保護や生態系保護なんですが…
次亜塩素酸水のメーカーもやっています。

副業とかではないですよ!
植物栽培で次亜塩素酸水を利用するために研究開発したのがきっかけで、メーカーにもなっちゃいました。

でね、ウチを知らない人たちは…

次亜塩素酸水業者側は人間への安全性を考えず、次亜塩素酸水を批判している人たちが人間への安全性を考えている!と…
印象操作されていませんか?

なんかねえ、ウチを知らない人たちからの問い合わせが、そういうニュアンスであることが多いです。

でもね、それまったくの誤解ですよ!

植物栽培で次亜塩素酸水を使っているのは、人間への安全性を高めるためです。
農薬による害で苦しむ人たち、食の安全を確保するために次亜塩素酸水を活用しています。
農薬に苦しむ人たちを救ってきた1つのアイテムが次亜塩素酸水です。

世の中、逆転してしまっています。
エタノールや農薬を作っているメーカーが良しとされ、エタノールや農薬の害と闘っているメーカーが悪となっている。

次亜塩素酸水の害を調べる前に、農薬やエタノールを害は調べましたか?

この奇妙な逆転現象はどうして起こってしまったのか…
これを解説したいと思います。

これ、カンタンです!

現場経験が乏しいからです!

現場ってね、何かをやらないといけないんです。
でも、現場でやっていない人にとってはそれをする必要がないんです。

現場でやっていることというのは、意味があります。それをやっている理由があります。
それを知らずして批判するから、意見が衝突することになります。

現場は、やらなくて済むわけにはいかないんです!

ここを理解してください。

たとえば、植物栽培なら病害虫対策をしなければいけません。
何もしなくても病害虫を防げれば良いのですが、そういうわけにはいきません。
だから、農薬が使われました。
でも、農薬で害を受ける人が多数出ました。食の安全でもとても問題です。

さて、どうするか?

いろいろな対策が考えられ、実践されます。
農薬に変わる安全なモノ、品種改良など、携わるみんなが良くしていこうと頑張っています。

次亜塩素酸水を植物栽培で利用するのもそういうことです。
農薬で苦しむ人たちを助け、食の安全や自然保護、生態系保護にまで役立っています。
そして、次亜塩素酸水による害はまったくありません。
経験も実績も豊富で、ずっと愛用してもらっています。

それを外野の人が安全云々言ったって、すでに現場は聞く耳など持っていません。
行政の忖度で何を言われようが、邪魔することはできません。

批判する人や行政は、現場の実情など何もわかっていないのです!

これで植物栽培に関しては理解してもらえると思います。

では、次に問題になっている空間除菌について話をします。

この空間除菌については、私は専門でやっているわけではありませんが空間噴霧はOKとしています。
推奨しているわけではありませんが、推奨していないわけでもありません。
ただ、妄想だけで危険だと言われていることに行政の忖度がうかがえます。

空間除菌リスクは何ですか?

行政は、「検証していない」、「安全性も危険性も確認できていない」としています。
何もできていない、つまりは使った経験が無いからわからないんです。
だから、メーカーに任せるようなことを言ったわけです。

では、実際に危険だと言われる何かが起きたのか?

これ、何も無いんです。
消費者庁のモノを見ても、明らかに次亜塩素酸ナトリウムと勘違いしているとか、とてもあいまいなものしかありません。
植物栽培現場や畜産関係は私も詳しいですが、使用している人間も植物や家畜、益虫、害虫に至るまで何も起きていません。

何も起きていないのに、「危険なはずだ!」という妄想になっています

もう、数十年使われてきたモノです。私も十数年使い込んでいます。
安全性は日常で示されているモノでもあります。
なのに、「~のはずだ!」というとても非科学的な妄想しか言われていません。
その非科学的な妄想が科学者?や医師?と言われている人たちがやっています。
科学者や医師であれば、普通は環境設定と条件があって、そこにデータを示すことで科学的知見の話をします。
これが何も出てこないのです。出てくるのは行政文書の文言だけですね。

でもね、100歩譲ってデマで言われている次亜塩素酸水噴霧リスクがあったとしましょう。

じゃあ、どうしますか?
噴霧を禁止すれば、事が済みますか?

現場に携わっていない人はそれで構わないと思いますよ。何も責任は無いわけですから…
でもね、現場はどうすれば良いんですか?

エタノールの害はそのうち出ますよ?
こまめな掃除は限界がありますよ?
費用対効果、労力対効果に見合わないことは続かないですよ?
現場は大事なスタッフやお客様を守るために必死ではありませんか?

現場を経験していないと出てこないと思います。

これ、考えてみてください。

誰が好きこのんで空間噴霧したいと思いますか?

現場は忙しいんです。
無駄な労力と費用は掛けたくない!費用対効果、労力対効果に見合わないことはやりたくありません。

でもね、少しでも良くしたい!少しでもなんとかしたい!少しでも、少しでも…

これを考えるのが現場です。
言うは易し行うは難し

コロナの感染阻止なんて、どれも完全ではありません。
だからこそ、少しでも!少しでも!という努力をしているのが現場です。

それでも、起こったこともない危険性を煽って現場の邪魔をしますか?

「噴霧器は人が居るときは消して、人が居なくなったら付けましょうね!」

使い方の提案ででも済む話を、危険を煽って現場が困るのをおもしろがる人たちの気が知れません。

空間除菌の提案

これでいいんじゃないでしょうか?

私は執拗に現場に嫌がらせをする人たちの気が知れないとずっと考えています。
目的がわかりません。
人々への安全性、利便性、費用対効果、労力対効果、自然保護、生態系保護…

これを考えているのは、次亜塩素酸水を批判している人たちではありません。
私たちです!
もし、本当に安全性など考えてくれているなら、私たちの味方、つまり私たちに協力してくれる人たちになります。
絶対に邪魔などしないはずです。
次亜塩素酸水での植物栽培現場で生態系が戻っていることに、とても興味を持つはずです。
農薬で苦しんでいた人たちが、楽しく健康的に植物栽培を楽しんでいる姿を喜ぶはずです。
そこで何かあるなら、専門家として提言とか提案をくださることになります。

これが普通の私たちの世界ですし、そうしてくださる科学者の方々もおられます。

最後に、これだけはしっかり理解してください。

現場はやらなくて済むわけではない!
安全なモノを安全に使い、危険なモノも安全に使っていく!

安全な次亜塩素酸水、危険リスクを回避するために活用されている次亜塩素酸水

妄想で危険を煽る行為は、本当に迷惑です。