ひさしぶりにこちらで記事を書きます!
すっかりご無沙汰になってしまいましたねえ…

次亜塩素酸水のああだこうだも、もうそろそろ決着が付くんじゃないかなあ?

勝ち負けとかじゃないですよ!選択が終わると言うことですね。

次亜塩素酸水は有効なのか無効なのか、安全なのか危険なのか…
これはね、もう決着は付いているんですよ。
私は超常現象は信じなくて、現場で起こることが事実で、理論はその裏付けに過ぎないと考えているのはご存じだと思います。
皆さんも、アンチの言っていることは「何言ってんだ」と思ってるでしょ?
次亜塩素酸水を活用している現場はすべてアンチには「何言ってんだ?」なんです。
だから、もうそれでいいんですよ。

でもねえ、デマって浸透しちゃうのでそれを私は止めただけ!
あとは、個人個人が何を信じるか?だけだし、私が何かを強要したりすることなどありません。
心優しい人は、それでも説得を続けるかもしれませんが…
私は性善説などそもそも持っていないですから、すべての人に!なんて考えはありません。

アンチの科学?があの程度だったので、あれを書いておけばもういいかな?という感じです。
批判で生きている人はいくら綺麗事を言っても批判で生きるしかない…
そのうち、次の獲物を狙うんじゃないかな?

皆さんにも気をつけて欲しいことがあります。
言って理解されないなら、もうそれで終わり!
通じない人には通じないし、人それぞれなのであとはなにを信じようがその人の自由ですし責任です。

たとえば…
私が「今から咲かせるとバラにはきついので、蕾を切ってあげましょう!」と言ったとします。

そうしたら、皆さんはどうしますか?
「そうか!バラが可哀想だから早く切ってあげよう!」って思うでしょ?
でもね、みんなそう思うかというと、実はそうではないんです。

「えっ?じゃあ花が咲くのを楽しみにしていた私はどうなるのですか?」

こういう人もいるんです。
これ、この人は間違っているかどうかといえば…
間違っているわけではないんです。こういうのはその人次第なんです。

これは動物保護とかされている方からもよく聞きます。
ペットが飼えなくなってどうしても手放さなきゃいけない人はいます。
これは仕方ないですよねえ…
一生面倒見るつもりで飼っていても、いつそれがダメになるかはわかりません。
でもね、本当にやむを得ない人もいれば、とんでもない理由を正当化して手放そうとする人もいます。
「こんな人が飼ったら可哀想」と引き取るそうですが…
まあねえ、人はいろいろです…

大事なのは、選択肢を与えること!

コレが大事だよねえ!

あとはねえ、なんかアンチ側にやらせがあるみたいで…疑わしい複数の名前が挙がっているそうです。
まあ、どうでもいいけどねえ!
ここは言わないようにします。まあ、情報で金儲けしている企業はあるんで安易に信じないことです。

TVは信用できない!ネットのほうが…

もちろん、すでにムッチャ悪意に操作されてますよ!
そういうのを悪意は逃すわけないですからね!

まあ、そういう世界はそろそろ抜け出して他の人たちにお任せしたいと考えています。
自然保護や生態系保護にチカラを入れないとねえ!

皆さんにも、あともうちょっとお付き合いいただければと…

よろしくお願いします!