2017年11月17日(金)

午後から畑に緑肥効果のある「ヘアリーベッチ」の種を撒きました。

有機栽培では何も植えずに土をむき出しにしておくことは土を悪くするので、良くないことなんですが、今のピーキャットの畑は玉ねぎしか植えていない状態(^_^;)

もう少ししたら、ポットで育苗中のスナックエンドウとソラマメを定植しますが、それでも半分以上の土地が何も植えていない状態です。

せっかく、堆肥やバイオセットを混ぜて土作りしたので、土が悪くならないように何か育てておこうと思い、探してみたところ、何とか、種まきの時期も間に合いそうだったので、「ヘアリーベッチ」に決定!

とは言っても、温暖地で11月中旬までが種まき時期だったので、ちょっと微妙なんですが…。

 

「ヘアリーベッチ」はマメ科の植物で、空気中の窒素分を土中にためてくれるので、緑肥として高い効果があるそうです。

5月ごろに咲く紫の花もかわいいし、乾燥に強く、花後は自然に枯れてマルチング材として利用できるようで、果樹園などの下草としても植えられることが多いとか。

いくつか品種があるようですが、今回選んだのはこちら。

カネコ種苗さんの「まめっこ」にしました。初期成育がとても良い品種なのだそうです。

種はこんな感じです。

畑は耕してそのままのボコボコ状態だったので、まずは耕運機で平らにします。

最初は溝を付けていましたが…

段々適当に…耕運機で勝手にできた溝に種まきしてます(笑)

2、3センチ覆土して完了。覆土する作業が一番大変でした。

明日は雨が降るのでちょうど良さそうです♪